ニュース

【厳重警戒】台風19号の台風情報!千葉・去年大阪並の被害の恐れ!12日昼からは外出しないほうが良さそう!【2019年10月9日】

スポンサーリンク

過去最大級の台風19号に関してのミヤネ屋ライブからの情報をまとめています。今回は、比較的安全とされる、台風の進路に向かって左側の地域でも十分な安全対策・注意が必要ですね。宮根さんが、蓬莱さんに「台風の左側も要注意ですね?」と聞いたときに「台風の左側は危険です。右側は非常に危険です。」と言ったのが印象的でした。

台風19号が三連休に関東を直撃する恐れが出てきました。

気象庁が10月9日14時から緊急会見を開きましたが、台風上陸の前日や前々日に会見を開くことは普通にありますが、3日前に緊急会見を開くには異例中の異例です。

 

発達した台風19号

発達した台風19号

スポンサーリンク
  • 目がはっきりしてきました。
  • これは、発達のピークを迎えたということです。
  • 前回の千葉に被害をもたらした台風と進路が似てしまいそう。
前回の台風との比較

千葉県を前回襲った台風と19号の大きさの比較

スタジオ、唖然・・・

広範囲で影響が出る恐れがあります。

勢力も15号よりも強い。

復旧中の千葉を襲うかもしれない。

復旧中の千葉

未だ復旧中の千葉県

 

このような大きなものが、空中を舞うような、これくらいの風の影響を都心部で受ける可能性がある。

去年の大阪の被害

去年大阪に被害をもたらした21号の風

スポンサーリンク

一同騒然・・・

現在の進路

台風19号の現在の進路

  • 温かい海水温度のところを通ってくるので、勢力は今がピークですが、弱まり方がゆっくり。
  • 金曜日の段階で波浪警報が太平洋側に出そうです。
  • 金曜日の午後の段階で、近畿から東の地域は、もう雨が降り出してきます。
  • 土曜日がピークです。
  • 土曜日の朝9時位で、紀伊半島沖当たりを進む予報。
  • 紀伊半島に来るときの勢力が「最大瞬間風速」が60メートル。
  • 去年の大阪が48メートル。それよりも遥かに強い風。
  • この前の千葉のときが58メートル。それと同等。もしくはそれ以上。そして、広範囲。
  • 動揺日の段階では近畿より東の地域は、広範囲で暴風警報が出る恐れがあります。
  • 金曜日の夜は、公共交通機関への影響は出ない。土曜日は出る。土曜日の帰りは、止まっていると考えた方が良い。
  • 基本的に、土曜日の午後は外出しないほうが良い。

気象庁の会見

気象庁の会見

気象庁の会見の様子

スポンサーリンク
  • 大型で猛烈な台風、第19号が今週末に日本に接近し、台風の予報にまだ幅はありますが、台風は大型のため広い範囲で大きな影響を受ける恐れがあります。
  • 国民の皆様、被災地の皆様には、早めの対策をお願いいたします。
  • また、この週末には、三連休が控えており、様々なイベントの開催や交通機関への影響に懸念があることから、これまでより早いタイミングで記者会見を行い、予想される現象など、解説することにしました。
  • なお、後日改めて記者会見を行い、具体的な風速や雨量など予想について解説させていただきます。

気象庁の発表内容

台風第19号に早めの備えを!(10月9日)

台風第19号は、非常に強い勢力を保ったまま、12日から13日にかけて、西日本から東日本に接近または上陸するおそれがあります。その後、台風は速度を挙げながら北日本に進む見込みです。

台風の予報にはまだ幅はありますが、台風は大型のため、広い範囲で大きな影響を受けるおそれがあります。

台風が接近する地域では、台風第15号や昨年の台風第21号と同程度の暴風となる恐れがあります。また、地域によっては高波や大雨、高潮の恐れもあります。11日(金)までに暴風などに備えるようお願いいたします。

各地の気象台の発表する早期注意情報や警報・注意報、台風情報など気象情報に留意するとともに、自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策をお願いいたします。

 

【台風の見通し】

大型で猛烈な台風第19号は、9日12時現在、小笠原近海を北西へ進んでいます。今後、次第に北のち北東に進路を変えて、非常に強い勢力を保ったまま、12日から13日にかけて西日本から東日本に接近または上陸するおそれがあります。その後、東北地方の東海上に進み、温帯低気圧に変わる見込みです。

台風が陸上から離れて進んだ場合でも、広い範囲で強風となり、高波や大雨に厳重に警戒が必要です。

日本をすっぽりと覆うような大きさの台風。

 

スポンサーリンク
  • 大型の台風だから、進路の左側の地域に来る吹き返しの風も強い。
  • 東日本に台風が上陸&進んでも、近畿地方までくらいは、激しい風に注意。
  • 13日(日)の朝以降は、急速に台風は日本から離れていく。
  • 東日本では、土曜の夜から日曜の朝にかけてが、最接近。
  • 紀伊半島、東海、関東が特に危ない。
  • 台風の東側にあたる、東海・関東は高潮のおそれ。
  • 月曜が満月のため、台風の気圧が低く、風が強いため、潮位が上がる。
去年の21号

去年9月の21号の大阪での高潮

今回も、このような高潮のおそれがある。

海沿いに車を止めておくのは危険。

今後の進路

今後の進路予測

 

管理人の感想

とにかく、まず、安全を確保することを考えたいです。

12日(土)から13日(日)の朝にかけては、家の中で完全待機するくらいでいたいですね。もちろん、水害や土砂崩れなど、大雨や風による影響で、自宅が安全でない可能性がある場合は、避難しましょう。12日(土)の朝のうちには、体制を整えたほうが良いですね。

もう、「今まで大丈夫だったから。」は無しにしましょう。早めの対策をおすすめします。

 

 

 

スポンサーリンク

-ニュース
-

Copyright© Rumor:ルーマー , 2019 All Rights Reserved.