BLOG

【嗚呼】堀ちえみ、夫の飲酒運転をブログで暴露?ハイボール飲酒後の運転をうっかり明かすw

堀ちえみ、夫の飲酒運転をブログで暴露?

タレントの堀ちえみさんが、夫の飲酒運転を公式ブログでうっかり明かしちゃったと、ネットで炎上しています。

堀ちえみさんと言えば、健康上のことでいろいろありました方から、応援している人も多いと思います。

そんな中、ちょとこれはいかんでしょ!という字体になっていますので、一緒に見ていきましょう。

 

まずは、この件に関するニュースを見てみましょう。

 

タレントの堀ちえみの夫に飲酒運転疑惑が上がっている。

事の発端となったのは、堀が9月29日にアップしたブログ。この日、一般人の夫とともに娘の体育祭に出掛けていた堀だが、夜になり「サクッと夕飯を食べて帰りました!」というタイトルのエントリーを公開し、「今夜は早めにゆっくり休みたいので、四人でサクッとラーメンを食べて帰りました」と報告していた。

その中で、堀は「出汁も化学調味料は一切使っていないので、安心していただけます」「化学調味料が苦手な私。『ラーメンのスープが飲める』というのが、とても嬉しいです」などと絶賛していたが、「主人はハイボールをキューっと」と、夫がハイボールを飲んだことを、グラスやアルコール度数5%と記された缶の写真とともに報告。しかし、その直後にアップした「心地よい疲れです!」というエントリーの中では、「帰りの車の中では、ちょっとだけうとうとしてしまいました」「主人が頑張って運転してくれていたので、なるべく寝ないように、頑張っていましたが…」と、ハイボールを飲んだはずの夫が車を運転したことを暴露していた。

この投稿にネットからは、「思いっきり飲酒運転じゃん!」「体育祭の応援で疲れてるところに飲酒運転って…ひとつ間違えたら大事故」「普通に書ける神経が分からない」という批判の声が殺到している。

さらに、この日の朝アップした『ドライブがてら』というエントリーの中では、「グランドまで片道1時間以上掛かります」と、1時間以上の距離を運転してきたことを告白している堀。なかなかの長距離運転にも関わらず、アルコールを飲むという意識に呆れ声も多く見受けられた。

1日朝現在、堀はエントリーを削除したり謝罪などしていないが、明らかな飲酒運転の暴露に対し、どのように対応するのだろうか――。

引用元:堀ちえみ、夫の飲酒運転をブログで暴露? ハイボールを飲んだ後に1時間以上の運転が明かされ、批判の声

これ、誰も庇いようがないタイプのやつですね。堀さんの今までの闘病を見ていて、自分と重ね合わせて応援してる人って、相当数いると思います。なのに、こんなことしてたら、ほんとうにファンを失いかねません。

というか、堀ちえみさんのことを知らない世代の方たちから見れば、ただの飲酒運転ババアですよね。ダメです、飲酒運転は本当に関係者を不幸にします。なのに、それを自身の公式ブログで・・・

アメブロに、アドバイザーみたいな人いないんでしょうか?そういった人、付けておいた身のためだと思いますね。

 

ネットの反応

バレました。
病気とは別問題だからねこれは叩かれても仕方ない
これは…やっちまったなぁ。
いや、芸能人とかでなく飲酒運転自体が重罪。 捕まれそして捕まれ。
こういうところが叩かれる原因なんだよね 病気は気の毒と思うけど
お巡りさんここです 書かなきゃいい事じゃないけど 書いちゃうのがよりびっくりよね
事故って自分達だけじゃなく人様の命に関わる事だからね。 ブログに何の気なしに書いちゃうくらい普段からの事なのかと感じてしまった
>ハイボールを飲んだ後に1時間以上の運転 これが仮に10分15分の運転だったとしても飲酒運転は駄目
堀ちえみ同情してたけど、この間のトピでスタッフへの横柄な態度三昧の見たら、この人なら飲酒とか常識とか関係ない人なのかも。離婚結婚ばかり繰り返すのも相当問題あるからに違いないと言う意見も納得。
同乗者も罰金だっけ? 現行犯じゃないとだめなのかな
>>13 どこですか?

いつもお酒飲んで運転してるんだろね 当たり前すぎて、危機感なかったんじゃない? 常習者だよ、これ やばすぎ

 

ご丁寧にハイボールの画像までアップしちゃってる…
松本伊代?だっけ 線路に入った人 その人もだけどわきが甘い自覚がある人はSNS控えた方いいよ

コメント引用元:堀ちえみ、夫の飲酒運転をブログで暴露?ハイボールを飲んだ後に1時間以上の運転が明かされ、批判の声

本当にそうですね。タレントとしての栄光と、SNSの投稿は全く関係がありません。ましてやその内容がこれでは・・・ただの痛い人になってしまいますよね。本当に世間の常識をもっと考えて欲しいです。

飲酒運転で家族を失った方も見るんです。

 

-BLOG
-

Copyright© 俺の下半身 , 2019 All Rights Reserved.